« “歌手”キラー・カン本格始動 | トップページ | ナゾ »

2004年5月18日 (火)

アルバムレビューのつもりが長文に・・・

332.jpgSO-CALLED CHAOS / Alanis Morissette
待ちに待ったアラニスの新作を早速ゲット!!相変わらずツボ中のツボを刺激しまくり、何度聴いても聴き足りない完成度。特にトラック2は「Hands Crean」路線ど真ん中の秀作。「ロックだ!ポップスだ!」などという低次元なジャンル分けを完全に超越したポップソングの集大成(※ポップソング=ポップスという概念ではない)。音の傾向は完全に3rdアルバムの延長線上にあり、アコギ、ブレイクビーツ(もしくは打ち込みリズムトラック)、生ドラムの絡みが全曲にわたって極上のグルーブをかもし出す。そして目新しいコード進行や、脅かし狙いの展開など全く無しでありながら、独自の歌唱とメロセンスで構築するスタイルは圧巻。アラニス最高!神!!!こんなシロモノが2500円で手に入るとは・・・なんたる幸せ。CD一枚2万円でも間違いなく買う。

こんな世界のトップクラスと比較するのがそもそも間違っているが、このような素晴らしい作品を聴くと、自分で音楽を作るのがアホらしくなることがある。「この領域まで行かないと、聴いてる人が一瞬でも幸せを感じられるような”真のポップソング”ってモノは生まれないんだろうな・・」と。僕らの2ndアルバムを発売した際に「好きなアーティストは?」のアンケートをとったが、残念ながらアラニスを挙げる人は一人もいなかった・・・(当然と言えば当然で、全くそこのリスナー層に近づけるような音楽を作れていないのは明らか)。そんなわけでresetのリスナー様には全く馴染みがないのであろうアラニスについて少し説明してみたい。

1995年にアルバム「Jagged Little Pill 」が爆発的ヒット、全米1位をピークに発売から約2年間チャートに居すわり続け、結果的に全米で1600万枚、全世界では3000万枚以上という新人ソロ・アーティストとしてのセールス記録を樹立し、ギネスブックにも載っている。グラミー賞でも主要6部門にノミネート4部門受賞、''90年代を代表する女性アーティストとしアラニスは広く認識される。その影響力は、日本では椎名林檎、矢井田瞳に代表される数々のフォロワーを生み出し、現在では、ミシェルブランチ、アヴリルラヴィーンを筆頭に、それに追随する数多くの女性シンガーに多大な影響を与えているのは誰の目(耳)にも明白である。今もなお主流となる路線の開拓者であり、例えるなら、女性シンガー界のアントニオ猪木(もしくは前田日明の方が近いかな?)と言っても過言ではない。う~ん分かりやすい例えだw。

長文になったついでに、アラニスを軸に僕の音楽観について書いてみたい。これはresetの初期作品を好きだと言っていただける方々に対して申し上げ難いことであると同時に、そのギャップを説明するには一番近道である。仮に僕の音楽史において”成長期”という言葉を当てはめるなら、第1次成長期(学生時代)が小室先生であり、第2次成長期がアラニスであると言える。その第2次成長期の始まりに当たるのは、上記で紹介しているアルバム「Jagged Little Pill 」の1995年。当時、社会人デビュー間もない超ハードワーカーであった僕は、この先の人生で音楽活動を再開できるなどとは夢にも思っていなかった。そんな時に出会ったアラニスの音楽に、言葉では表せない感動と衝撃を覚えたのは今でも鮮明に覚えている。その後約10年間「聴く音楽」としてアラニスは僕の神に君臨する。日本のシーンにおいて小室時代の到来を感じさせている時代の話であるが、その時期、小室熱は完全にゼロになっており小室ソングをカラオケで聴くことはあっても全く興味なし。ちなみに、僕の邦楽フェイバリットアルバムの一つであるミスチル「深海」もこの時代(96年)。その後97年発表のglobe「FACES PLACES」で小室先生が見せたオルタナ系の路線は、アラニスとリンクする部分(間違いなく意識してのことだろうけど)が多々あり、「先生!本気出せば流石でございます」と思ったものだ。が、僕が小室全盛時代において、小室製ヒットソングに心ときめかせた音楽リスナーでないことは間違いない。

時は流れ、僕にも音楽活動を再開できそうな環境、生活となるが、僕が好んで”聴いている”音楽の路線を実現させるためにはスキルも機材も人脈も全くゼロの状態であった。その時点で出来そうな音楽と言えば”昔とった杵柄”ではないが、小室路線しかなかったのである。そうして僕は”聴く音楽、好きな音楽”と”作る音楽、作れる音楽”を全く区別して考えるようになった。それはそれで面白い部分もあって、当時、小室路線の後続であったエイベックス製の音楽もよく聴いた。好き嫌いは度外視で、BGMとしてではなく一種の研究材料として音楽を聴くと、どんな音楽にも素晴らしい部分があり、面白いのである。そんなことをやっているうちに、全く予想できなかったようなご好評を頂き、迷走することとなる。そして、ある時ふと思った「アレ?こういうことやりたかったんだっけ?」と、「やっぱりオレ、こういう音楽を心底好きじゃないや」と。そんな時、音楽シーンにムーブメントを起こし出したのが、ミシェル、アヴリルなどの”アラニス系”10代シンガー達のサウンド。時を同じくして、2ndアルバムで迷走したアラニスが傑作な3rdアルバムを放つ。ここで「そうそう!まさにこれだよコレ!」と興奮した。「今の機材とスキルなら少しは近寄れないかな?」とお得意の勘違いが炸裂しはじめる。橋本真也流に言えば「時が来た!」だ。そんなこんなで、今現在試行錯誤を繰り返しているような音楽性へと変貌するわけである(まだまだ全然近寄ってないけど)。僕の意向を快く理解していただき、ご協力して頂けた古賀さん、TERRAさんの存在も非常に大きなターニングポイントとなった。

どれだけの方が読んでくれるのかわからないが、アラニスを軸に、ずっと引っかかっていたモヤモヤと、温度差を上手く説明できたのではないかと思う。今後、初期のような路線の楽曲を目指す確立は限りなくゼロに近いと思う。初期の曲調は自称音楽家における「研究発表会」みたいな存在であり、そこに燃えるような”愛”は無いのだ。勿論、背景はどうあれ、自分が生み出した曲が一人歩きして、見知らぬ誰かに喜んで頂けているのであれば嬉しいことであり、感謝すべきことである。が、しかし、ソレはソレ、コレはコレなのである。

※「あんたはそれでもいいが、YUMIちゃんの意思は?」と思う人がいるかもしれないので補足。YUMIは完全に”小室スルー”なリスナーなので、僕以上に初期の路線は苦痛、不本意であったと思う。じゃあ今は?それはまだわからない・・・・。

« “歌手”キラー・カン本格始動 | トップページ | ナゾ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29371/613159

この記事へのトラックバック一覧です: アルバムレビューのつもりが長文に・・・:

« “歌手”キラー・カン本格始動 | トップページ | ナゾ »

twitter

search


  •  
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

soundcloud

  • http://soundcloud.comtatsu0001

Tumblr

  • tumblr: archive

instagram

  • Instagram

Profile

  • たつ / Tatsuo Kimura
    詳細はコチラ


My Music Unit "portable"

  • ==Member==
    Yuka (Vo)
    Tatsuo Kimura (Synth,Prog)
    Daisuke Yamaguch (Gt,Prog)

    2008年9月結成。
    MySpaceをメインにネットで活動中。1st_song「EARTH」が海外から高い評価を受ける。その後、TM NETWORKトリビュートアルバム、2作品に参加。現在、再びオリジナル楽曲の制作に戻り、10年4月よりiTunes Storeにて楽曲配信開始。
    >>portable official MySpace


    ==TM NETWORK Tribute==
       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第3弾  2010年4月21日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Children of the New Century
    ・Ignition,Sequence,Start
    ・Timemachine

       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第2弾  2009年4月22日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Bang The Gong
    ・1974
    ・Here,There&Everywhere
    ・Human System

    >>portable のTMトリビュート制作日記




    ==Original Songs==

    EARTH


    Speed Of Light
     

    RESUME


    随時助っ人募集中! 動画職人、Web職人、作詞職人(経験者限定)、ミックス職人、マスタリング職人・・・etc コンタクトはコチラまで

IKUZO + TM NETWORK

My Music Works

  • 2nd180.jpg
    reset: Thank You
    reset 2nd album

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    >>ダウンロード販売中!
    >>reset official website
    >>youtube


    3rd180.jpg
    reset: spirit&life
    reset 3rdアルバム

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    ¥1,500
    >>CD発売中!
    >>reset official website
    >>youtube



    fripSide: split tears
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE



    fripSide: nao complete anthology 2002-2009
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲
    「Detour」
    作曲
    「Melody」
    作詞/作曲
    「a little christmas time」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE


    mint4th.jpg
    Mintjam: 4th GIG #Decide

    収録曲「Scenario」
    作詞/作曲

    >>MintJam.NET
    >>JOYSOUNDカラオケ配信中!



    オムニバス: WE LOVE TM NETWORK
    1、BANG THE GONG
    3、1974
    5、Here,There&Everywhere
    8、Human System

    produce & arrange
    performed by portable

    >>WE LOVE TM NETWORK 特設MySpace




    オムニバス: TM NETWORK Tribute "CLUB COLOSSEUM"
    2、Children of the New Century
    7、Ignition,Sequence,Start
    10、Timemachine

    produce & arrange
    performed by portable

    >>特設MySpace




    木根本(きねぼん)

    TM NETWORK木根さんのオフィシャル楽譜集。全94曲。秘蔵エピソード多数(合計20000文字)。2010年9月15日発売 ¥2,625
    僕もちょっとだけお手伝いさせていただきました。

    収録曲「シナリオ」
    作詞/作曲
    >>「first Re:Place」/nao