« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月26日 (日)

健介vs武蔵、大みそか急浮上!

健介vs武蔵が大みそか急浮上だ! 25日、K-1谷川貞治プロデューサーは、「Dynamite!!」(大阪ドーム)の武蔵の対戦相手として、04年プロレス大賞MVPの佐々木健介にオファーを出し、健介から「非常に前向きな返事をもらっている」ことを明かした。 ==sports navi==
全く予想もできなかった展開だ。健介にとってK-1の高額ギャラは喉から手が出るほど欲しいだろうが、リスクも非常に高い。北斗がどう出るか?とは言え、すでにこの話が公になってる時点で決定済か・・?

それより気になるのが谷川氏のこの発言

「健介選手がダメなら、総合もできるプロレスラーを用意しているが、健介選手の返答をぎりぎりまで待ちたい」

誰が用意されてるんだ???
笑いを取るなら、今や小林幸子と並ぶ”日本の大晦日の顔”(?) 永田裕志しかいないだろう。

で、カシンVS中西の話題はどうなったんだ?

2004年12月22日 (水)

GOOD


KAELA /木村カエラ
最近、車でこればかり聴いてる。ヒットです!!。このお方は本職がモデルらしいのだが、”人気に便乗して歌もやっちゃうよ~”みたいな感じが全然ない。とにかく声がいい。曲もいい。オススメ

24


twenty four シーズン3を見終わった。前2作も勿論素晴らしい出来栄えだったが、今作が一番面白い。相変わらずアメリカンで大雑把なドンデン返しには突っ込み所も多いが、またそれも24の味。ジャックの無法者振りもいつも以上に強烈。決して典型的なヒーロー像ではなく、”オレがルール”的で理不尽な行動が様々なアングルを生み出す。ジャックの元ネタは猪木じゃないのか?とさえ思える”神”レベル。
とにかく今回はいっぱい死ぬ。これまでストーリー展開に必要不可欠だった主要人物が死んでいくのでシーズン4でどんなネタが飛び出すか予測不能。

2004年12月17日 (金)

安生、道場破りから10年 グレイシーと雪辱戦

「安生、グレイシーとやってみろや!」――高田延彦本部長が10年越しリベンジマッチを指名した。PRIDEを主催するDSEは17日、都内事務所で会見し、「PRIDE男祭り2004-SADAME-」(さいたまスーパーアリーナ)の追加カードとして、安生洋二vsハイアン・グレイシー戦を発表した。
いいね~コレ。このくらいの適度な遊び心はアリ

2004年12月15日 (水)

おいおい

アルティメットロワイヤル (アルティメットクラッシュ・バトルロイヤル) 12月14日現在選考中候補選手 永田裕志、中西学、飯塚高史、成瀬昌由、ブルーウルフ 矢野通、村上和成、柴田勝頼、鈴木みのる

なんじゃこりゃー!!
年末年始に合同リハーサルが必要だなこりゃ。

2004年12月13日 (月)

天山vs長州vs蝶野の巴戦が決定

天山、長州、蝶野の巴戦が決定。新日本プロレスは13日、「闘魂祭り WRESTLING WORLD 2005」(2005年1月4日、東京・東京ドーム)のカード変更を発表した。一騎打ちで対戦予定だった、蝶野正洋VS長州力戦に天山広吉が参戦し巴戦が行われる。
■新日本プロレス「闘魂祭り WRESTLING WORLD 2005」 2005年1月4日 東京・東京ドーム 開始15時

天山広吉
VS
蝶野正洋
VS
長州力


ナニコレ!!大丈夫か?面白いのか?
また猪木に文句言われるぞ!

<最近の動向>
天山のIWGP奪取、棚橋・中邑組のIWGPタッグ奪取・・最近随分と強引すぎるな。ここからどうやって面白くできるかわからんぞ。

つい先日、川田に負けた天山がチャンピオンってことは 三冠>IWGPだけどいいのか?って思ったが、そうか!小島が三冠獲って、さらに天山が小島に勝って、最終的には 三冠<IWGP になるっていう筋書きか。う~~ん、つまらん。
さらに小橋に挑戦する前の鈴木みのるを棚橋に負けさせるという小ざかしいネタも新日っぽいな。

2004年12月 9日 (木)

中西戦実現へ、カシン猪木頼み

“強情仮面”ケンドー・カシン(年齢未公表)が8日、K―1の12・31「Dynamite!!」(大阪ドーム)で天敵・中西学(37=新日本)に格闘技戦を再要求した。なぜか東京・港区のZERO―ONE MAX事務所で会見を開き、中西の意思とは無関係に、決定をアントニオ猪木(61)に委ねると示唆。プロレス界最大の遺恨対決は実現濃厚となった。
いつも通り"小ネタ”を織り交ぜて登場したカシン。これは実現が決定した上での登場なのか?それとも、カシンの独断行動か?カシンのやることだけに全く読めないが、なんとか神の力で実現させて欲しい。今や恒例となった大晦日の格闘技。レスラーの名前を世間に売るにはこれ以上ない機会だ(中西が出ることでレスラーのマイナスイメージも大いに懸念されるが・・・)。大晦日に地上波で、ゴールデンタイムに”カシン劇場”が見れたら言うことない。

2004年12月 8日 (水)

ミニ

mini.gif
昨日カーステ買いに行った時、取り付けの待ち時間に久しぶりに車の雑誌見たんだけど、ミニのコンバーチブルが出たこと知った。すごいそそられる。僕の好みのど真ん中。いつか乗ってやる!!
MINI.com

2004年12月 7日 (火)

MP3対応

1202.gifカーステレオの調子が、ず~~っと前から調子悪くて、最近はまともに聴くのが困難になっていた。さらに、ただでさえ狭い車内で大量のCDが邪魔だった。
思いたったら吉日ってことで”MP3対応”のやつを買いに行った(今時、MP3対応が普通なのかもしれないが・・)。で、店頭で迷わずコレに即決。この”U2カラー”にやられた。勿論そんな触れ込みがあるわけじゃないが、iPod U2バージョンとしか思えないこのカラーリング。2秒で「これ下さい」だった。

早速車内のCDを全部撤収し、PC内にある40G超のMP3ファイルを吟味してCD-Rに焼きまくり。入れるもの選んだり、同一CD内に収録する組み合わせを迷いながら、ひとまず12枚のCD-Rが完成。
これ、単純計算で1200曲以上あるわけだ。車の中に1200曲もある!!それだけで楽しいいぞオイ!オイ!
シャッフルプレイしながら運転してたら帰りたくなくなっちゃったよ。

2004年12月 6日 (月)

クラシック・アルバムズ==U2==

「クラシック・アルバムズ」シリーズの中の1作品で、1999年収録の本作は、U2が1987年に残した超名盤『ヨシュア・トゥリー』の制作秘話をメンバー自らが明かす。プロデューサー、スティーヴ・リリーホワイトやブライアン・イーノ、写真家アントン・コービン、そしてエルヴィス・コステロらの証言や、ライヴ・シーン、ヴィデオ・クリップなども交え、このロック史上に燦然と輝く名盤を解き明かしていく。
ずっと前から見たいと思っていて、最近のU2熱の勢いで買っちゃった(安いんだけど)・・。この「クラシックアルバムズ」シリーズは、他にピンクフロイド、ディープパープル、メタリカなどなど、その他多数の大御所もある。”名盤”と言われるアルバムがどのように生まれたかを、レコーディング技術などに特化した内容で検証する異色のドキュメンタリー。言わば、映像版”サンレコ”(※サウンド&レコーディングマガジンの略)みたいなモノ。

で、見終わっての感想・・・「買ってよかった!」。ホントに貴重な映像とコメントの数々が惜しげもなく飛び出す。エッジのデモ(4トラックMTR)が聴けたり、ボツテイクのギターが聴けたり、ミキサーの前で生弾きもあり、ボノのノーエフェクトボーカルトラックも聴けたり・・・・とにかく、そういう方面のマニアにはたまらない。ミュージシャンは必見!!エッジのギターが好きな人、大必見!!

次はピンクフロイド買うぞ

2004年12月 4日 (土)

出ました!谷川マジック!!

またも、あと1歩。日本人初のK-1GP王者誕生はならなかった。ワールドGP決勝は前年と同じ顔合わせで、王者ボンヤスキーと準Vの武蔵が激突。試合は再延長までもつれこみ、武蔵13ラウンド、ボンヤスキー12ラウンドの死闘の末、ボンヤスキーが判定勝利。GP史上3人目の連覇を達成した。 ==SPORTS NAVI==
また武蔵が決勝ですか・・・・・。谷川さんご苦労様です。

実はまだ映像は見てないんだが、見る気失せた。
放送中にススキノで飲み会中だったので、優勝者予想の”賭け”を提案。ボンヤスキーに賭けた僕が見事2000円ゲット!!
REDサンキュー!!

出ました!猪木節!!

新日本の実質的オーナーを務めるアントニオ猪木が3日、成田空港着の航空機で帰国し、来年1・4東京ドーム大会で格闘バトルロイヤルを開催する意向を明かした。参戦人数は8―10人とし、団体の枠にこだわらず、立候補制で参戦者を募る方針だ。 ==sports navi==
出ました~!相変わらず”思いつき”としか思えないサプライズ。本気で言ってるのかどうかわからないが、流石アントン先生だ。”平和が一番”

2004年12月 2日 (木)

DSEがホイスを契約不履行で提訴

PRIDEを主宰するドリーム・ステージ・エンターテインメント(DSE)の榊原信行社長が2日、都内の事務所で会見を開き、ホイス・グレイシーを契約不履行で提訴した事を発表。ホイス側の対応いかんによっては、最悪の場合、大みそかの「Dynamite!!」(12月31日、大阪ドーム)で行われる予定だった曙VSホイス戦が消滅する可能性まで浮上した。 ==sports navi==
また今年もコレ系の問題勃発。猪木が絡まない今年は平和に終わるかと思ったけど、毎度ご苦労さんです。曙VSホイスが中止の場合は、曙VS永田を希望。そんでもって、永田が敬礼ポーズをしようとしたらK-1戦士達が取り囲んで阻止するってネタはどう?で、最後は猪木登場で、曙に怒りの鉄拳一発。

DO THEY KNOW IT'S CHRISTMAS?

1202.gifBAND AID20のCDが届いた。当初2曲入りと発表されてたけど、ライブエイドバージョンも込みで3曲入りだった。1989年のバージョンが収録されていないのは、アレが如何に的外れな企画だったかという証明だろう。

レコードしか存在しなかった1984年バージョンが正規のCDとして手元に保存できるだけでもコレは買う価値あり!!(様々なクリスマスオムニバスCDに入ってたりするけどそれは邪道・外道)。
只今トムヨークのピアノを耳コピ中。

★UK版 発売中
★日本版 12/22発売予定

★ここ最近のバンドエイド情報

バンド・エイド20、シングルの売り上げ好調

BBCによると、11月29日にリリースされたバンド・エイド20の「Do They Know It's Christmas?」が発売1日で7万2000枚のセールスを上げたという。今年UKで発売されたシングルの中で最も売れ行きが早く、来週だけでなく4週間後に控えたクリスマス・チャートまで1位をキープするだろうといわれている。

初代の350万枚までいかないにしても、200万枚くらいはなんとかいって欲しいものだ。

トラヴィスのフラン、バンド・エイド批判に反論
バンドに参加したトラヴィスのフラン・ヒーリィが、ニュー・ヴァージョンを擁護する発言をした。「肝心なのは、これは11歳から13歳という若い世代のための曲だってこと。批評家たちは、'84年のオリジナルと比べて何か言ってるけど、それはその当時に“思い入れ”があるからだろ。新しいヴァージョンを聴いて、“ああ、あっちのほうが良かった”とか“なんだこれ、最悪”って思ってるんだよ。曲じゃなくて、思い出を比較してるんだ。曲を再レコーディングするってことは、“時代は変わった”って言ってるようなもんなんだ。それを受け入れるのは難しいけどね」
鈴木みのるも顔負けの見事な正論。 ”曲じゃなくて、思い出を比較してるんだ”ってところは実に耳が痛い・・・。これって、わかってはいるんだけど音楽において一番難しい部分なんだよなぁ。

あとは、iTuneミュージックストアでダウンロード販売の可否を巡ってモメていた(価格、寄付金の兼ね合い)ようですが、販売することで合意した模様→詳しくはこちら
U2とパートナシップを結んでるアップルだけに、苦渋の選択だったのでしょう(恐らく)。

2004年12月 1日 (水)

ハッスル!流行語ならず

2004流行語大賞発表!!
期待された「ハッスル!ハッスル!」、惜しくもトップ10入りならず。
大賞とはいかないまでも、トップ10入りは確実だと思ってたんだけどな・・。
それほど重要なことではないかもしれないが、珍しくプロレスネタが”一般社会”との接点を持てるかどうかという部分で何十年に一度あるかないかのチャンスだったはず。
惜しい。
高田総統のネタにされるだろうな。

浜さんの「気合だ!」も元々プロレスネタだから、まあいいか。
80年代から使ってる「気合だ!」が今になってこういう扱いになるってことは、数十年後に長州の「ナニコラタココラ」が流行語になる可能性もゼロではないってことか?

twitter

search


  •  
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

soundcloud

  • http://soundcloud.comtatsu0001

Tumblr

  • tumblr: archive

instagram

  • Instagram

Profile

  • たつ / Tatsuo Kimura
    詳細はコチラ


My Music Unit "portable"

  • ==Member==
    Yuka (Vo)
    Tatsuo Kimura (Synth,Prog)
    Daisuke Yamaguch (Gt,Prog)

    2008年9月結成。
    MySpaceをメインにネットで活動中。1st_song「EARTH」が海外から高い評価を受ける。その後、TM NETWORKトリビュートアルバム、2作品に参加。現在、再びオリジナル楽曲の制作に戻り、10年4月よりiTunes Storeにて楽曲配信開始。
    >>portable official MySpace


    ==TM NETWORK Tribute==
       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第3弾  2010年4月21日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Children of the New Century
    ・Ignition,Sequence,Start
    ・Timemachine

       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第2弾  2009年4月22日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Bang The Gong
    ・1974
    ・Here,There&Everywhere
    ・Human System

    >>portable のTMトリビュート制作日記




    ==Original Songs==

    EARTH


    Speed Of Light
     

    RESUME


    随時助っ人募集中! 動画職人、Web職人、作詞職人(経験者限定)、ミックス職人、マスタリング職人・・・etc コンタクトはコチラまで

IKUZO + TM NETWORK

My Music Works

  • 2nd180.jpg
    reset: Thank You
    reset 2nd album

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    >>ダウンロード販売中!
    >>reset official website
    >>youtube


    3rd180.jpg
    reset: spirit&life
    reset 3rdアルバム

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    ¥1,500
    >>CD発売中!
    >>reset official website
    >>youtube



    fripSide: split tears
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE



    fripSide: nao complete anthology 2002-2009
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲
    「Detour」
    作曲
    「Melody」
    作詞/作曲
    「a little christmas time」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE


    mint4th.jpg
    Mintjam: 4th GIG #Decide

    収録曲「Scenario」
    作詞/作曲

    >>MintJam.NET
    >>JOYSOUNDカラオケ配信中!



    オムニバス: WE LOVE TM NETWORK
    1、BANG THE GONG
    3、1974
    5、Here,There&Everywhere
    8、Human System

    produce & arrange
    performed by portable

    >>WE LOVE TM NETWORK 特設MySpace




    オムニバス: TM NETWORK Tribute "CLUB COLOSSEUM"
    2、Children of the New Century
    7、Ignition,Sequence,Start
    10、Timemachine

    produce & arrange
    performed by portable

    >>特設MySpace




    木根本(きねぼん)

    TM NETWORK木根さんのオフィシャル楽譜集。全94曲。秘蔵エピソード多数(合計20000文字)。2010年9月15日発売 ¥2,625
    僕もちょっとだけお手伝いさせていただきました。

    収録曲「シナリオ」
    作詞/作曲
    >>「first Re:Place」/nao