« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月27日 (火)

モノマネ

たまたま車で「モノマネ紅白歌合戦」を見てたら、
友近がやった渡辺美里の歌マネが激似。スゲーよ。

で、モノマネと言えば、「とんねるずのみなさんのおかげでした」
でやってる「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のスペシャルが12/29に放送される。今からコレが楽しみで仕方が無い。普段とんねるずの番組って全く見ないけど、このコーナーだけは絶対に見逃せない。既にハマってる人も結構いると思うけど、もし、未見の人がいたら騙されたと思って見るべし!!ココまで笑える番組(というよりコーナー)はなかなか無いっす。

テレビ繋がりで・・・
録画していた「M1グランプリ」をやっと見た。ブラックマヨネーズって全然知らなかったけど、超おもろい。こりゃ文句なしの優勝でしょう。

2005年12月22日 (木)

雪道での自転車をなんとかしてくれ!!

今朝、僕の遥か前方で、自転車ごと思いっきり横滑りして
転倒した高校生がいた。幸い、”単独事故”で済み、
当人もケガは無かったようだ。

このようなシーンは、今時期の札幌では日常茶飯事である。

無茶を承知で自転車に乗って、その結果、滑って転倒するのは
当人の勝手だが、他人を巻き込まないで欲しいよね。
普通に車道のど真ん中走ってるヤツとかいるし。
渋滞してるっつうの!!危なくて追い越せないっつうの!

よく巷で(特に路上駐車問題などで)、自転車利用者から
「車道は車の為だけにあるんじゃない!!」
みたいな意見があるけど、それは賛成しますよ。
おっしゃる通りですよ。大したもんですよ。

しかし、冬の雪道に関してだけは、譲れないね。
冬の自転車断固反対!!!

だって、例えば、走行中の自転車を車が追い越そうとして、
並んだ瞬間に自転車が突然滑って転んで、巻き込まれたとしたら・・・
どうせ、車の方が責任重いんでしょ?そんなのアリかって?
完全にアウトですよ。スリーカウント入るだけですよ。

さだまさしの「償い」みたいな悲劇が
起こらないよう、冬道の自転車は、法律で全面禁止にしてくれ!!

2005年12月20日 (火)

J―POPがブラジル人の若者の間で人気

Mixiで21歳のブラジル人男性からメッセージを頂いた。
彼は日本の音楽が大好きなギタリストとのこと。

なんだかんだで、意気投合し、メッセで話すことに・・・。
(仕事中に会社のPCでやってたのは内緒の方向でw・・)

話をしていて、心底日本が好きという気持ちが物凄く伝わってくる。
将来は日本に住んで、日本でバンドをやるのが夢らしい。日本語も猛勉強中で、結構大丈夫だった。

で、”尊敬するギタリストは?”の答えは”ラルクのKen”だって。僕もラルクは好きだし、もちろん尊敬してるけど、異国のミュージャシュン志望者が、日本のアーティストを第一にリスペクトしているってスゴイ状況じゃない?

だって、昔のギター小僧達が、やれジミヘンだ、ヴァンヘイレンだ、マイケルシェンカーだ!って言ってたような存在に今や日本人が匹敵してるわけですよ・・・・(ちょっと例えが外れてるか・・・・?)
じゃあコレはどうだ!「あなたの憧れのセレブは?」って聞いたら、「叶姉妹です」みたいな。おいおい、せめてヒルトンだろ!ってな話ですよ(余計わかりにくいか?)。

とにかく、衝撃的じゃないっすか?
アメリカでは「OTAKU」という英語が定着するほど、オタク文化が発展し、特にジャパニメーション(日本のアニメ)の人気が高い。そして、最近のアニメ主題歌は、一般的なJ-POPアーティストが歌っている頻度が高いので、そこからJ-POPに火が点いてる状況は珍しくない。・・・と、アメリカ人のOTAKU的な人から以前聞いた。そういった経緯での人気は、まあ理解できる。

が、しかし、ブラジルで、さらにはOTAKUでもなく、自らがミュージシャン志望の若者がJ-POP好きとは何事ですか!スゴイじゃないですか!グローバルじゃないですか!!ふりむけばヨコハマじゃないですか!!ヒ・ト・リ・デ・デ・キ・タ・じゃないですか!ジーコバンザイ!!(謎)

というわけで、彼の日本に対するリスペクトを感じて、この地に生まれたことを誇りに思った僕でした。
あ、もちろん、僕らの曲も聴いて貰いましたよ。まずまずの評価でしたw。
そして彼に、僕からある人物への伝言を伝えました。

「ヒクソングレイシーよ!オレがお前を倒す!」 と


”ブラジル J-POP 人気”で検索したらこんな記事が

J―POPがブラジル人の若者の間で人気

JーPOP(日本の歌謡曲)がブラジル人の若者の間で人気を呼んでいる。ベロオリゾンチ市に住むヒロシ・シンボさん(ケーブルテレビの取りつけ業務・27歳)、サンベルナルド・ド・カンポ市に住むブルーノ・コガ・バリエイロさん(グラフィックデサイナー・22歳)、ポンタグロッサ市のジョゼ・グスターボ・セガチさん(学生・18歳)の3人は、それぞれ年齢も職業も異なり、一見何のつながりもないようだが、JーPOPを愛し、日本のライブに行くことを夢見ているという点では共通している。JーPOP好きのブラジルの若者のほとんどがそうのように、3人もまたアニメを通じて、J―POPを聞き始めたという。・・・・続き

2005年12月17日 (土)

塞翁が馬

金曜日の午前中、突如38.5℃の高熱でダウン。
多少のことでは音を上げない僕も、完全にお手上げのダウン振り。突然震えが止まらなくなり、字も書けないし、イスに座ってることすら困難な状態。で、会社を早退することに。

ピンチとチャンスは表裏一体とは言ったもので、どうせなら、この短い病人生活を満喫してやろう!!と、死に物狂いでTUTAYAに寄ってDVD数枚をレンタル。というわけで、2日間、ずーっと寝たまま、ひたすらDVD見てた。
※ちなみに病院は行ってないw

では、簡単にレビューを

■ミリオンダラー・ベイビー 評価★★★☆☆
世間の評価が高いようで、泣く気マンマンで見たけど、正直イマイチだった。

■エターナルサンシャイン 評価★★★★☆
これも、巷での評判がすこぶる良いね。期待過剰なところもあったけど、良かった。

■殺したい女  評価★★★★☆
先日、「裸の銃を持つ男」を久しぶりに見たら、コレも見たくなった。この監督のギャグセンスはやっぱり好きだなぁ。

■ニュースの天才  評価★★☆☆☆
期待はずれ。折角いいネタなのに、もっと話を広げられなかったのかなぁ・・と。惜しい。

■いま、会いにゆきます 評価★★★★☆
今回のメインディッシュ!!。もう嫌というくらい各所でオススメ攻撃を食らっていた。そこまで言うなら見ておこうかと思い、これまた泣く気マンマンで見た・・・・。確かに素晴らしいと思った。特に最後の種明かしで全てが繋がっていくところは、お見事な構成で素直に感服。しか~し・・・これってどこで泣けばいいの?? 誰からも「絶対泣く」と言われて期待してたんだが、ヤバイ、オレの泣くポイントが無い。ハイ、そうです冷たい人間です。
<追記>竹内結子の可愛さは★★★★★


2005年12月14日 (水)

裸の銃を持つ男

B000B84MH8ご存知、レスリーニールセン主演の大ヒットコメディー。
4年周期くらいで、無性に見たくなるのでDVD買っちゃった。僕の中でこれ以上のコメディ映画は今のところ無いんだよなぁ。大好き。

2005年12月13日 (火)

2005年プロレス大賞受賞者決定

リンク: 小島がMVP! インリン様は話題賞に 2005年プロレス大賞受賞者決定.

■2005年プロレス大賞受賞者
MVP 小島聡(全日本プロレス)
ベストバウト賞 小橋建太(ノア)VS佐々木健介(健介オフィス)
最優秀タッグ賞 曙(武藤部屋)、武藤敬司(全日本プロレス)
        日高郁人、藤田ミノル(ともにZERO1-MAX)
殊勲賞 力皇猛(ノア)
敢闘賞 中嶋勝彦(健介オフィス)
技能賞 TAKAみちのく(KAIENTAI-DOJO)
新人賞 曙(武藤部屋)
話題賞 インリン様
功労賞 故・橋本真也さん、故・松永国松さん

新日勢が1人もいないってところが素敵。

2005年12月11日 (日)

ミスチル 札幌ドーム

mcミスチル@札幌ドームに行ってきました。実はこれが僕にとって初ミスチルライブ&初札幌ドームでした。

会場に至るまでの各所の混雑振りは凄まじかった。いったいいつになったら自分の席に辿りつけんだよ!!みたいな。4万人、5万人という数の大きさを改めて思い知る。ふと・・・「プロレスにもこのくらい動員出来てた時代があったんだよな・・・」と物思いにふけたりして・・・。

ライブはスゴイよかった。ドームの音響の悪さは仕方ないとして、それを払拭するだけのオーラを放ってた。あと、ステージセット、スクリーン、ライティング、SEなんかが”大物”っぽさ満載でいい感じ。この辺の演出に、ピンク・フロイドやU2に対する憧れを感じるのは考えすぎか?

曲は特にアコースティック系のヤツがシビレたね~。「くるみ」が一番ヤラレた。この曲、ホント好きなんだよな~。桜井氏がMCで言ってたけど、当人にとっても大切な歌のようだ。

正直、”感動した”、”鳥肌たった”みたいな感想はないんだけど(期待ハズレだったという意味ではなく)、満足度高し。

2005年12月 8日 (木)

作詞・作曲家(?)冥利

mj
MintJam4thアルバムに収録される「Scenario」のフルバージョンを、アルバム完成に先駆けてTERRAさんに聴かせてもらった。

なんの話かわからない方のために軽く説明すると、僕の自身のユニット「reset」で作った「Scenario」という曲を凄腕揃いの音楽集団「Mint Jam」がカバーし、彼らの4thアルバムに収録される。Mint JamのボーカルであるTERRAさんに、完成版を一足早く聴かせてもらったという話。

率直に、自分が作った曲がこんなにたくましく育ってくれて感無量だ。僕の曲をTERRAさんが歌ってくれるのは「easy to lose」に続いてこれで2曲目なんだけど、前回以上に強烈かつ哀愁漂う歌声を披露してる。彼の歌を聴くとホント作詞・作曲家(?)冥利につきるな~。アレンジ・演奏の方も、当然ながら完璧でハイクオリティ。「そうなんです!僕はこういう曲を目指してたんです」みたいなw。

自分の曲が1人歩きし、進化していくことは非常に嬉しく思う。僕の範疇ではとても再現できないサウンド。そして、それ以上に嬉しいのは、僕がその曲に込めた熱い魂を、TERRAさんが共感してくれて、歌詞・曲に新たな生命を吹き込んでくれること。音楽やっててよかったと思える瞬間だ。

この曲が、誰かの人生の片隅で響いてくれるとうれしいな。


そんなわけでMint Jam 4thアルバム「4th GIG #Decide」近日発売!! よろしく!! 

ちなみにreset 3rdアルバム「spirit&life」も絶賛(?)発売中です・・・・


2005年12月 2日 (金)

U2:Live From Chicago

U2
Vertigo:Live From Chicago

U2の2005年5月10日シカゴ公演を収録したライブDVD。

輸入版は11/15発売、日本版は12/21発売。なんで一ヶ月以上も違うんだ?
待ちきれないので輸入版を購入。DVDの輸入版ってリージョンの関係で見れない事があるけど、これに関しては問題なく見れる(もちろん字幕はないが)。

内容は毎度の事ながら「U2作品にハズレなし」を改めて証明するような鳥肌モノのパフォーマンス。エッジのギターを聴いてる(見てる)だけでも飽きない。中盤のPRIDE~Where the Streets Have No Name~oneへと続く流れが熱い!!

なにやら来年の来日公演が決まった模様だが、何ヶ所回るのかな?
札幌ドームに来てくれ~


2005年12月 1日 (木)

IWGPチャンピオンフィギュア

051201_14490001今ローソンで缶コーヒーを買うと、歴代IWGPチャンピオンのフィギュアがついてくる。当然、僕も集めてる。と言うより、自然と集めることになってる。僕自身はほとんど買ってないのだが、同僚やら、取引先の人までもがどんどん持ってきてくれる。日中に「健介ゲット!」「あと足りないのは誰?」などのメールが飛び交っていて、まんまとローソンの策略にハマってる。

僕自身で引き当てたのは、出ました!シークレットキャラの橋本。

現段階で残すは、天龍と武藤。だれか余ってる人いませんか?
ちなみに僕は、藤波と長州が余りまくってますw。

twitter

search


  •  
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

soundcloud

  • http://soundcloud.comtatsu0001

Tumblr

  • tumblr: archive

instagram

  • Instagram

Profile

  • たつ / Tatsuo Kimura
    詳細はコチラ


My Music Unit "portable"

  • ==Member==
    Yuka (Vo)
    Tatsuo Kimura (Synth,Prog)
    Daisuke Yamaguch (Gt,Prog)

    2008年9月結成。
    MySpaceをメインにネットで活動中。1st_song「EARTH」が海外から高い評価を受ける。その後、TM NETWORKトリビュートアルバム、2作品に参加。現在、再びオリジナル楽曲の制作に戻り、10年4月よりiTunes Storeにて楽曲配信開始。
    >>portable official MySpace


    ==TM NETWORK Tribute==
       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第3弾  2010年4月21日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Children of the New Century
    ・Ignition,Sequence,Start
    ・Timemachine

       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第2弾  2009年4月22日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Bang The Gong
    ・1974
    ・Here,There&Everywhere
    ・Human System

    >>portable のTMトリビュート制作日記




    ==Original Songs==

    EARTH


    Speed Of Light
     

    RESUME


    随時助っ人募集中! 動画職人、Web職人、作詞職人(経験者限定)、ミックス職人、マスタリング職人・・・etc コンタクトはコチラまで

IKUZO + TM NETWORK

My Music Works

  • 2nd180.jpg
    reset: Thank You
    reset 2nd album

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    >>ダウンロード販売中!
    >>reset official website
    >>youtube


    3rd180.jpg
    reset: spirit&life
    reset 3rdアルバム

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    ¥1,500
    >>CD発売中!
    >>reset official website
    >>youtube



    fripSide: split tears
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE



    fripSide: nao complete anthology 2002-2009
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲
    「Detour」
    作曲
    「Melody」
    作詞/作曲
    「a little christmas time」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE


    mint4th.jpg
    Mintjam: 4th GIG #Decide

    収録曲「Scenario」
    作詞/作曲

    >>MintJam.NET
    >>JOYSOUNDカラオケ配信中!



    オムニバス: WE LOVE TM NETWORK
    1、BANG THE GONG
    3、1974
    5、Here,There&Everywhere
    8、Human System

    produce & arrange
    performed by portable

    >>WE LOVE TM NETWORK 特設MySpace




    オムニバス: TM NETWORK Tribute "CLUB COLOSSEUM"
    2、Children of the New Century
    7、Ignition,Sequence,Start
    10、Timemachine

    produce & arrange
    performed by portable

    >>特設MySpace




    木根本(きねぼん)

    TM NETWORK木根さんのオフィシャル楽譜集。全94曲。秘蔵エピソード多数(合計20000文字)。2010年9月15日発売 ¥2,625
    僕もちょっとだけお手伝いさせていただきました。

    収録曲「シナリオ」
    作詞/作曲
    >>「first Re:Place」/nao