« 24の台本 | トップページ | 世界地図 »

2007年11月27日 (火)

24の舞台裏

4812428351メイキング・オブ・24TWENTY FOUR はせがわ いずみ 竹書房 2007-10-26

by G-Tools


制作スタッフのインタビューによる24の舞台裏。非常に内容が濃く、ファンにはたまらない一冊。

僕は作品そのもののファンであると同時に、「プロジェクトマネジメント」という観点で、この作品の制作がどのような組織、どのような段取りで進行されているのか非常に興味があった。

引っかかった部分を抜粋

プロデューサー:ジョエル・サーナウ

・パーマーが一大事な内容の電話をもらうシーンがあるだろ。電話を切った後、彼はベランダに出て「一体どうすればいいんだ?」って言う。実は脚本を書いた僕らでさえ、その電話の内容が何なのか分からなかった(笑)。ミステリアスな状態にしておけば、みんな先を観たがるって確信していたから、そうしただけ。必要なら答えは後で考えればいいっていうスタンスで作ってる。

・観客が「1日の内にそんなに度々新たな問題が起きる分けないだろ!」なんてツッコミを入れようとおもわないどころか、全然気にしてないって分かった。
移動時間が非現実的だったり、食事やトイレのシーンがなくても誰もなにも言ってこない。

脚本:ハワード・ゴードン

・「みんなが仰天するような場所にキャラクターを連れて行け。そこにどうやって辿り着くかは、後で方法を見つけるんだ」っていうのも「24」の脚本執筆のやり方だね。ニーナを黒幕にするって決めた後、矛盾がないか、前のエピソードを振り返った。少し矛盾を感じる箇所もあったけど、理由を付ければ納得できるものだった。

・だんだんと流れに任せて思いつきでストーリーを作るようになってきてるんだ。


これが良くも悪くも24のスタンスなんだと納得。伏線を張りまくって、その後放置という展開が多いのもうなずける。多少のツッコミどころには目を瞑り、面白いこと、驚かせることを優先している模様。
僕の考えていたイメージは、24の制作には明確なゴール(オチ)があり、そこに向かう壮大なガンチャートがあり、全体を俯瞰しながら細かいプロットを散りばめていく手法だと思っていた。しかし、どうやら本当に行き当たりばったりな制作方法のようだ。誰が犯人か?誰が死ぬのか?最初の段階では一切決まっていないらしい。

どんな方法で作っていようと結果的に面白ければいいのだが、シーズン6では、行き当たりばったり感が出過ぎだった気も・・・。そろそろこの手法も限界では?と思ってしまう。

全然書ききれないので、またの機会に続きます。




↓この本も期待!

24 TWENTY FOUR THE ULTIMATE GUIDE24 TWENTY FOUR THE ULTIMATE GUIDE


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



« 24の台本 | トップページ | 世界地図 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

season6はやるとしたらもっと最後のシーズンの方にして欲しかった感がありますね。

この手のやつは俳優陣のキープとかも大変でしょうねぇ。。サザーランドが飲酒で捕まった時、一瞬「あ〜あ・・・」って思いました。
「24」は「事件」「解決」だからまだやりやすいかなと・・・

「LOST」なんかは「謎」「解明」だから、どんどん矛盾が出てきてますよ。
俳優が出演できなくなった途端、過去との繋がりが一気に「矛盾」って形になって、「あの部分、どうすんの?」ってのが多いです。
海外ドラマって、作り方が日本とは全然違うから面白いですよね。

アメリカのドラマは、このくらい大雑把な考え方でやってるから出来るんだろうね。

でも一回でいいから、矛盾のない「24」を見てみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24の舞台裏:

« 24の台本 | トップページ | 世界地図 »

twitter

search


  •  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

soundcloud

  • http://soundcloud.comtatsu0001

Tumblr

  • tumblr: archive

instagram

  • Instagram

Profile

  • たつ / Tatsuo Kimura
    詳細はコチラ


My Music Unit "portable"

  • ==Member==
    Yuka (Vo)
    Tatsuo Kimura (Synth,Prog)
    Daisuke Yamaguch (Gt,Prog)

    2008年9月結成。
    MySpaceをメインにネットで活動中。1st_song「EARTH」が海外から高い評価を受ける。その後、TM NETWORKトリビュートアルバム、2作品に参加。現在、再びオリジナル楽曲の制作に戻り、10年4月よりiTunes Storeにて楽曲配信開始。
    >>portable official MySpace


    ==TM NETWORK Tribute==
       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第3弾  2010年4月21日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Children of the New Century
    ・Ignition,Sequence,Start
    ・Timemachine

       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第2弾  2009年4月22日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Bang The Gong
    ・1974
    ・Here,There&Everywhere
    ・Human System

    >>portable のTMトリビュート制作日記




    ==Original Songs==

    EARTH


    Speed Of Light
     

    RESUME


    随時助っ人募集中! 動画職人、Web職人、作詞職人(経験者限定)、ミックス職人、マスタリング職人・・・etc コンタクトはコチラまで

IKUZO + TM NETWORK

My Music Works

  • 2nd180.jpg
    reset: Thank You
    reset 2nd album

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    >>ダウンロード販売中!
    >>reset official website
    >>youtube


    3rd180.jpg
    reset: spirit&life
    reset 3rdアルバム

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    ¥1,500
    >>CD発売中!
    >>reset official website
    >>youtube



    fripSide: split tears
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE



    fripSide: nao complete anthology 2002-2009
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲
    「Detour」
    作曲
    「Melody」
    作詞/作曲
    「a little christmas time」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE


    mint4th.jpg
    Mintjam: 4th GIG #Decide

    収録曲「Scenario」
    作詞/作曲

    >>MintJam.NET
    >>JOYSOUNDカラオケ配信中!



    オムニバス: WE LOVE TM NETWORK
    1、BANG THE GONG
    3、1974
    5、Here,There&Everywhere
    8、Human System

    produce & arrange
    performed by portable

    >>WE LOVE TM NETWORK 特設MySpace




    オムニバス: TM NETWORK Tribute "CLUB COLOSSEUM"
    2、Children of the New Century
    7、Ignition,Sequence,Start
    10、Timemachine

    produce & arrange
    performed by portable

    >>特設MySpace




    木根本(きねぼん)

    TM NETWORK木根さんのオフィシャル楽譜集。全94曲。秘蔵エピソード多数(合計20000文字)。2010年9月15日発売 ¥2,625
    僕もちょっとだけお手伝いさせていただきました。

    収録曲「シナリオ」
    作詞/作曲
    >>「first Re:Place」/nao