« 究極の選択 | トップページ | 照明の効果 »

2009年6月 5日 (金)

レビューの翻訳

以前お伝えした「JPOP EXPRESS」での「WE LOVE TM NETWORK」の英語レビューをMakiさんが翻訳してくれました。アリガトウ!!



NewCD、「We Love TM Network」レビュー!
By: Mr. Z

最近Asian Dynasty Records (アジアンダイナスティ・レコーズ) さんから、2009年4月22日発売のニューアルバム、「WE LOVE TM NETWORK」のサンプル版を頂きました。 このアルバムは本当にクール!ということで、今回は、以下全曲レビューをしたいと思います。


1 ) Bang the Gong - portable
http://www.hearjapan.com/store/group/Portable
最初の曲は、このアルバム全体に対するよいウォームアップソングとなっている。 バックの「let’s go」というささやき声と、心をとらえワクワクするような速いバックビートにより、次に何が来るかを予感させるような曲になっていて、アルバムの第一曲目としてはもってこいだ。

portable
portable(ポータブル)は、Yuka(ボーカル)、Tatsuo Kimura(シンセサイザー) 、Daisuke Yamaguchi(ギター)、の三人構成のユニット。基本は3人構成だが、それぞれ他のアーティストのサポートや、コラボレーションを行っている。

2 ) Love Train feat. Reco / Kei Kohara

この曲は、スムーズで、耳に心地よいゆったりとしたグルーヴ感がある曲だ。とてもいい感じで強すぎないバックビート。そしてバックのピアノの流れと女性ボーカリストRecoの心地よい声がともなって、素晴らしい「リラックス」タイプの曲になっている。

Kei Kohara
http://www.hearjapan.com/store/member_info/Kei_Kohara
Kei Koharaはテクノとハウスのシーンで全世界的に有名なアーティストである。 彼の曲を偶然聞いた者は誰でもその開放的感覚のサウンドスタイルに魅了される。 彼はビーチとサーフィンが大好きなことでも知られている。これらの要素が直接的に、かつ強く音楽に表れて、リスナーの心に「夏」や「海」を思い起こさせるものとなっている。

3 ) 1974 – portable
この曲がこのアルバムの中で私のお気に入りの歌の一つと言ってもいいだろう。 この曲「1974」は、日本のエレクトロニック・ユニット、portableの力強いベースと、ボーカルYukaの強く、他と調和するような美しい声のコンビネーションが特徴だ。 この曲は、シンセサイザーやアルペジエーターを用いた躍動感により、一種の「1970年代半ばのディスコやダンスホールの時代への、21世紀版エレクロトニックタイプ・リスペクト曲」を目指したものと言えると思う。

4 ) Get Wild ‘09 feat. Hoshino Kanako / Kei Kohara
私はこの曲の冒頭を聞くと、1980年代の「Axel F」というテーマソングを思い出す。これを読んでいる人で、この古い曲を知っている人はいるだろうか(笑)。 この曲は70、80年代のディスコスタイルのファンク・ベースと典型的なキャッチーな、Jポップのメロディーの融合である。女性ボーカルの星野奏子に敬意を表す。

5 ) Here, There & Everywhere / Portable
この曲は、ボコーダーを使ったボーカルパートから始まる。これもボーカルはportableのYukaである。歌詞は、「I’m crying and I know I’ve found love~」と続く。

6 ) Time To Count Down feat. Reco / Kei Kohara
私はこのメロディーとRecoのボーカルが好きだ。この曲はクラシカルなピアノスタイルのエフェクト効果により、気持ちを落ち着かせるような、センチメンタルな感じの曲に仕上がっている。

7 ) Wild Heaven feat. Hoshino Kanako / Kei Kohara
これも、ボーカルとピアノがいいハーモニーを奏でる曲である。(このCDのライナー・ノーツによると、星野奏子は「ビートマニアIIDX RED」というゲームのサウンドトラックの仕事もしており、それが今回のアルバムの音楽にも影響を与えているそうだ。素晴らしい!)

8 ) Human System / Portable
この曲がこのCDの中で一番好きな曲だろう。この曲のビートと全体的なリズムと流れ、そしてボーカルYukaの繰り出すメロディーが大好きだ。 (そして曲の最後にピリッと効かせたシンセの音はクール!) この曲について最後に一つ言いたいことがある。 それは、この曲と曲の構造が本当によく出来ている、ということだ。 この曲の制作に関わった全ての人々に脱帽だ!

9 ) Panoramagic feat. Reco / Kei Kohara
この曲も、(他にいい表現がないので「古典的」と言っておくが、)古典的なピアノとボーカルによって、とてもセンチメンタルでノスタルジックな曲となっている。(歌詞はこう続く…”Mercy, Love is Panoramagic” )

10 ) Still Love Her feat. Hoshino Kanako /
Kei Kohara
アルバムの最後を飾るのは、新しさを求めた、魅力的なこの曲である。 これも賛美歌を歌うような星野奏子の歌唱法とKei Koharaの素晴らしいピアノが光る。


概して、もしあなたが、フレッシュでありながら、かつリラックスするような新しいタイプの音楽を探しているなら、私はこのアルバムを本当に推薦する。 このアルバムは快い日本のグルーヴと、クールな音、そして気持ちの良い、聴いて元気になるようなメロウなダンスサウンドで溢れている! みんな、絶対にこのアルバムを聴いてみたくなると思う。

このアルバムの曲の試聴や、気にいった曲の購入、オンラインでのデジタル版アルバムの購入はコチラで;HearJapan.com:
http://www.hearjapan.com/store/album_info/WE_LOVE_TM_NETWORK
もしくは、実際のオーディオCDをココでも注文できます(YesAsia.comサイトより)。

Asian Dynasty Recordsのレーベルマネージャーの小峯 季大さん、このレビューのために、アルバムを送って頂き、ありがとうございました。そして関係者すべての皆さんに幸運を。カッコイイ音楽を作り続けて下さいね。ガンバッテ。ドウモアリガトウ。^_^…
出典元:http://www.jpopexpress.com/2009/05/13/we-love-tm-network-new-cd-review/

« 究極の選択 | トップページ | 照明の効果 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

翻訳文すべて拝見させていただきました。

なんだかファンとしても嬉しくなりました!

ありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29371/45241559

この記事へのトラックバック一覧です: レビューの翻訳:

« 究極の選択 | トップページ | 照明の効果 »

twitter

search


  •  
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

soundcloud

  • http://soundcloud.comtatsu0001

Tumblr

  • tumblr: archive

instagram

  • Instagram

Profile

  • たつ / Tatsuo Kimura
    詳細はコチラ


My Music Unit "portable"

  • ==Member==
    Yuka (Vo)
    Tatsuo Kimura (Synth,Prog)
    Daisuke Yamaguch (Gt,Prog)

    2008年9月結成。
    MySpaceをメインにネットで活動中。1st_song「EARTH」が海外から高い評価を受ける。その後、TM NETWORKトリビュートアルバム、2作品に参加。現在、再びオリジナル楽曲の制作に戻り、10年4月よりiTunes Storeにて楽曲配信開始。
    >>portable official MySpace


    ==TM NETWORK Tribute==
       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第3弾  2010年4月21日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Children of the New Century
    ・Ignition,Sequence,Start
    ・Timemachine

       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第2弾  2009年4月22日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Bang The Gong
    ・1974
    ・Here,There&Everywhere
    ・Human System

    >>portable のTMトリビュート制作日記




    ==Original Songs==

    EARTH


    Speed Of Light
     

    RESUME


    随時助っ人募集中! 動画職人、Web職人、作詞職人(経験者限定)、ミックス職人、マスタリング職人・・・etc コンタクトはコチラまで

IKUZO + TM NETWORK

My Music Works

  • 2nd180.jpg
    reset: Thank You
    reset 2nd album

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    >>ダウンロード販売中!
    >>reset official website
    >>youtube


    3rd180.jpg
    reset: spirit&life
    reset 3rdアルバム

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    ¥1,500
    >>CD発売中!
    >>reset official website
    >>youtube



    fripSide: split tears
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE



    fripSide: nao complete anthology 2002-2009
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲
    「Detour」
    作曲
    「Melody」
    作詞/作曲
    「a little christmas time」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE


    mint4th.jpg
    Mintjam: 4th GIG #Decide

    収録曲「Scenario」
    作詞/作曲

    >>MintJam.NET
    >>JOYSOUNDカラオケ配信中!



    オムニバス: WE LOVE TM NETWORK
    1、BANG THE GONG
    3、1974
    5、Here,There&Everywhere
    8、Human System

    produce & arrange
    performed by portable

    >>WE LOVE TM NETWORK 特設MySpace




    オムニバス: TM NETWORK Tribute "CLUB COLOSSEUM"
    2、Children of the New Century
    7、Ignition,Sequence,Start
    10、Timemachine

    produce & arrange
    performed by portable

    >>特設MySpace




    木根本(きねぼん)

    TM NETWORK木根さんのオフィシャル楽譜集。全94曲。秘蔵エピソード多数(合計20000文字)。2010年9月15日発売 ¥2,625
    僕もちょっとだけお手伝いさせていただきました。

    収録曲「シナリオ」
    作詞/作曲
    >>「first Re:Place」/nao