« なんというそそられる本!! | トップページ | 目が痛ぇ~ »

2009年9月25日 (金)

名作 「Major Turn-Round」


Major Turn-Round
TM NETWORK

ここ数日、こればかり聴いてます
(ちょっとした訳もあって・・・)


当時から大好きな作品でしたが、今聴いてもやっぱり最高!!!

僕の中ではTM史上、Self Controlに次ぐ傑作です。

思えば、このアルバムがなければ、今でもFANKSだったかどうか疑問ですらあります。。。

僕は、長年の小室マニアと思われてるかもしれませんが、実際はブランクがあります。

TMデビュー以来のファンだったものの、興味が失せはじめたのが「EXPO」。
惰性で買ったものの、全く聴かなかったな・・・。
で、惰性でライブにも行ったけど、その時の小室さんのヤル気のないプレイに悲しくなった。(後年、本人もそのような発言してますね>ヤル気なし)

「あぁ~オレ、もうTMNってものに興味持てないわ」
とはっきり自覚した記憶がある。

だから、「終了宣言」の時、悲しさは全くなく、

「よくぞ、このタイミングで伝説を終わらせてくれた!」

という気持ちだった。


その後のTK時代に関しては、完全スルー!


そして1999年、TM復活の噂を耳にし、気になり出す。

しかし、「またゲワイかよ!!」

って感じで・・・確かに音はカッコよかったんだけど、拍子ぬけ。


その後、TMがプログレをやるらしいとの噂を耳にして、再度興味津々。

そこで出たのが、このアルバム「Major Turn-Round」なわけです。

いや~~ツボったツボった!。

やっぱりTMスゲー!って感じで、80年代後半の頃の愛情が一気に蘇って来た。これがFANKS返り咲きの瞬間。

ライブも良かったなぁ。「IGNITION, SEQUENCE, START」 のオープニングで鳥肌立った。

「小室さんは、もう売れる売れないとか関係なく、ファンに媚びることもなく好きなことを好きなだけできるようになったんだなぁ」

と勝手に思ったものです(実際はどういう経済状況だったのか未知ですが)

小室さんは商業音楽家として当然素晴らしい方ですが、逆に好き勝手にやってる時の魅力がハンパないんですよね。

同様に、「ポップス」作りの名手というのが表向きの姿ですが、実際、この人の根底にあるのは「ロック」ですよ。
それこそが、数多く存在するフォロワー音楽家達と決定的に違う魅力だと思うんですよね。

その時代やコンセプトごとに、オモテから見える「ロック」な部分は、氷山の一角だったりしますが、逆に水面下に、巨大な氷山がなければ、一角が顔を出すこともないわけで。

水面上の「一角」だけ真似ても、すぐ融けてなくなるのがオチですよね。


そういう意味で、

商業音楽家としての挑戦、時代の追い風、「最後のチャンス」的執念、そしてちょっとしたロックのチラリズムw。これらの要素が重なりあった
「Self Control」

一方、商業的な部分は一切抜きで、好き放題ロックした
「Major Turn-Round」


僕の中では、この2枚が、小室ワークスのベスト2なんです。


Self Control
TM NETWORK
B00005G4SW

Major Turn-Round
B00005NBM1





これはプログレじゃないけどTMらしい名曲


木根さん!名曲

« なんというそそられる本!! | トップページ | 目が痛ぇ~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Major Turn-Roundイイですよね!私も大好きです。

たしかインターネットでのオンライン販売(DLではなく)の先駆け(実験的というべきか)だったんですよね。

もちろん店頭でも売られていたんですけど、私はオンラインで注文したクチです。

ライブ私も行きましたよ!ちょうどその頃は関東に住んでいたので東京国際フォーラムで見ました。あのスクリーンを使った演出が良かったなぁ。「Message」のときにスクリーンに流れるテキストを一生懸命読もうとしたのを思い出しました。

「Major Turn-Round」

何故かトラウマアルバムデス…sweat01
センセイの「苦しいよぅ」って声が聞こえて来るのは私だけ???

スミマセンスミマセンweep

Major Turn-Roundって初めて知りました。今度聴いてみようと思います。

僕はEXPO結構好きだったんですけど、「Crazy For You」ばっかり聴いてました。
伊集院光のあの笑い声が何故か中毒性高くてw
個人的にはウツの芝居をカットして終始伊集院光が笑ってるバージョンが欲しいです。

「Major Turn-Round」今、気を取り直して(?)聴いてみたんですけど…やっぱりダメですbearing
何故か息が出来なくなりますwobbly

セルコンに変えたら、ちゃんと呼吸できるようになりましたdash

何でダメなんだろう…(´・ω・`)ショボーン

わ〜さん >

オンライン注文で、盤面が3種類あったんですよね確か。僕はセンセイの写真入りが届きましたW。


しょうこさん>

音楽は嗜好品ですからね・・・

>センセイの「苦しいよぅ」って声が

うーーん、僕から見ると、むしろ真逆で、あんなに楽しそうに音楽に向き合ってるのは、他にないんじゃないかと思うんですが、真実は不明。


a2cさん>

あなたには是非聴いていただきたい!!

>小室さんは商業音楽家として当然素晴らしい方ですが、逆に好き勝手にやってる時の魅力がハンパないんですよね。


ずばり!! おっしゃるとおりだと思います!!!

単なる音楽ビジネスマンとしてでなく純粋な(と思い込んでるだけかもしれませんがW)音楽少年に戻っている哲っちゃんの表情というかノリって全然違いますよね。

なんかこう音の一つ一つに現れているというか

つまりTKでなく哲っちゃんのときに垣間見れるものだと思います
(もちろんglobe時代にもwanna be a dream makerとか結構好き勝手ロックやっててかっこいいのありますが)

このアルバムは本当にいい曲ばかりですよね

木根さんもいい曲書いてるし


メッセージの後半
「I carry on I carry on I carry on~♪」

のあと

「トぅ うぉ うぉ うぉ~う」

らへんがたまらなく好きですw


長くなってしまいすいません!

 このアルバムとシングル三枚買うために大学のパソコンに張り付いてました。(゚ー゚; 普通に聴いてても中々覚えられなかったのが、車で聴いてると途中で熱唱してる自分がいました。

>ライブも良かったなぁ。「IGNITION, SEQUENCE, START」 のオープニングで鳥肌立った。

 オープニングは最高でした。ウツがシルエット越しに飛び出してきた瞬間の観客の絶叫は、今でも鮮明に覚えてます。

 このライブの先行チケットとるために、夜中に公衆電話探して走り回ってたなぁ。

 

2000年は TM NETWORK が「Major Turn-Round」、小田和正が「個人主義」と、どちらもアーチストの心象風景を思いっきり描いたアルバムをリリースしたため、非常に印象深く思っています。
両者とも久しぶりのオリジナルアルバムというのも共通項。
心象風景もアーチストらしい、どこか似通ったものがあります。

このアルバムは小室みつ子さんも力を入れて書いたそうで、4人の作品に対する情熱がうまくかみ合った名盤だと思います。

>TK時代
ボクはtrfのデビューから2000年のアムロちゃんの「Never End」くらいまでと解釈しています。

「Major~」(「MESSAGE」のシングル)が出たのは調べたら調度その直後にあたるので先生の「本当はこういうのがやりたいんだ~!!」という魂の叫びが込められた作品だったのではないでしょうか。ネット限定という当時まだ浸透していない媒体でわかる人だけにわかって欲しい的な方法でというのもうなずけます。
ボクは「完全スルー」はさすがにできませんでしたが(ブームに乗っかった口なのでw)「R&B」し始めた頃に「違和感」というか「ボクはこれ以上乗っからなくてもいいでしょ」みたいにはなっていきました。「小室ブーム」の予感は当たってもあそこまで大きくなるとは思ってませんでした。著書でいう「止まるな」という悪魔のささやきで歯止めが利かなくなくなリ始めたのがこの辺りなのではないでしょうか?(円谷憂子への作品がボクの「以後完全スルー=買わないで借りる程度」を決定づけましたw)

>名作「Major~」
たつさんがいかに思い入れが強いかビシビシ伝わってくる素晴らしい「ライナーノーツ」だと思います。リリース当時はまだネットを始める前だったので「Major~」は実はほとんど(MESSAGE以外)味わったことがないのです。ぜひ食してみようと思いました。

田辺さん>

ですよね〜。
そう、キーワードは音楽少年ですね。
金のこと考えずにそれが続くと思った2000年。
まさか、10年後に再び音楽ビジネスマンに否応無しに戻ることになるとは。。。。。


名無しさん>

そうそう、あのシルエットに絶叫でしたね。
僕は小室サン側の席だったので、真正面ばかり見てましたがw


SHINさん>

なるほど、小田さんの「個人主義」も同じ年だったんですね。ほんの少し前の出来事に感じますが、もうすぐ10年前になっちゃうんですね。
あ〜イイ時代だった!


SPAGさん>

コメントなげーなオイ!www
あなたはホントにいっぱい乗っかってますねw
いや、それも才能だね。

お初にお目にかかります。
しがないネットサーファーのEveと申します。

普段はあまりコメントする事は少ないのですが、
ちょくちょく拝見させて頂いておりますので、
記憶の片隅にでも置いて頂ければ幸いです(笑)

話題と関係ない事で不躾なのですが、
過去にmuzieにてアップされたmp3は、著作権表記とサイトURL、曲名を明記すれば、
素材として使用させて頂けることは可能でしょうか。

お忙しいところ申し訳ありませんが、
お返事を頂けたら幸いです。

ではでは。

こちらにはお久しぶりです
(古いPCでアクセスできました)
で メジャタンは 正直リアルタイムで うわさ程度でしか知らなくて
でも当時偶然 買い物中にお店の有線で聞いたのです。

曲名もしらない 次々と流れてくる楽曲の中で
ふと、耳にココロにくる旋律に はっと 足が止まり
しばらくその場を動けませんでした。
そのときの曲がどれだったかは今にして思えばこのころの曲だったようで

ずーっとFANKSを離れてしまっていたのに
瞬時にして 彼らの曲だと分かったのよね~運命だったのかただの 思い込みか?

曲を楽しむタイプなので 作曲 する側からの分析感想は大変興味がありました。

久々に内容の濃い日記をありがとうございました(*´σー`)

補足:アマゾンにアルバムのイメージをUpしたの 私のだなww

Eveさん>

どのような用途で使用するか事前にお知らせくださいませ。


kaiesanさん>

神のkaiesanもFANKS離れしていた時期があったとは意外でした。
あのアルバム、特にISSには、並々ならぬ小室魂を感じますね。

>久々に内容の濃い日記をありがとうございました

さりげなく批判かwwww

返信ありがとうございます。
用途ですが、yputubeにて公開する予定の自主製作アニメです。
(もっと言えばコマ撮り作品です。)
最近問題になっているアニメなどの著作権侵害等には一切抵触しません。

お返事を宜しく御願い致します。

Eveさん>

お手数ですが、内容をメールでお知らせいただけますでしょうか。
portable あっとまーく mbe.nifty.com

タイトルからはずれるけど、私も「Self Control」好きですね。
成熟直前の脂の乗った勢いを感じます。

「Self Control」に限らず、オフコース「Three and Two」(→さよなら)、小田和正「Far East Cafe」(→ラブ・ストーリーは突然に)、CHAGE & ASKA 「SEE YA」(→SAY YES)と、ブレイク直前のアルバムは独特の勢い感じる、私的に一推しのアルバムばかりです。

すいません。昨日名前入れるの忘れてました名無しです。o(_ _)o

僕も席は小室さんよりでした。(でも、一列後ろは出口でしたが・・・)このツアーでは、BASSの春山さんのインパクトがでかかったですね~。TIME TOをライブで生BASSで弾いたのって春山さんが最初ですよね。またライブに参加してほしいです。

MESSAGEは、MTRよりもLog-on to 21st Century のバージョンのほうが好きです。ラストのkeyソロがたまんなくカッコいいです。DVD化してくれないかな~。

SHINさん>

>ブレイク直前のアルバムは独特の勢い

そうそう。これって一生に一回しかない、神懸かったパワーがありますよね。


けいさん>

MESSAGEはセンセイの口パクが残念w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29371/46304570

この記事へのトラックバック一覧です: 名作 「Major Turn-Round」:

« なんというそそられる本!! | トップページ | 目が痛ぇ~ »

twitter

search


  •  
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

soundcloud

  • http://soundcloud.comtatsu0001

Tumblr

  • tumblr: archive

instagram

  • Instagram

Profile

  • たつ / Tatsuo Kimura
    詳細はコチラ


My Music Unit "portable"

  • ==Member==
    Yuka (Vo)
    Tatsuo Kimura (Synth,Prog)
    Daisuke Yamaguch (Gt,Prog)

    2008年9月結成。
    MySpaceをメインにネットで活動中。1st_song「EARTH」が海外から高い評価を受ける。その後、TM NETWORKトリビュートアルバム、2作品に参加。現在、再びオリジナル楽曲の制作に戻り、10年4月よりiTunes Storeにて楽曲配信開始。
    >>portable official MySpace


    ==TM NETWORK Tribute==
       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第3弾  2010年4月21日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Children of the New Century
    ・Ignition,Sequence,Start
    ・Timemachine

       
    TM NETWORK公認トリビュートアルバム第2弾  2009年4月22日発売!
    <<担当楽曲>>
    ・Bang The Gong
    ・1974
    ・Here,There&Everywhere
    ・Human System

    >>portable のTMトリビュート制作日記




    ==Original Songs==

    EARTH


    Speed Of Light
     

    RESUME


    随時助っ人募集中! 動画職人、Web職人、作詞職人(経験者限定)、ミックス職人、マスタリング職人・・・etc コンタクトはコチラまで

IKUZO + TM NETWORK

My Music Works

  • 2nd180.jpg
    reset: Thank You
    reset 2nd album

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    >>ダウンロード販売中!
    >>reset official website
    >>youtube


    3rd180.jpg
    reset: spirit&life
    reset 3rdアルバム

    作詞/作曲/編曲
    プロデュース

    ¥1,500
    >>CD発売中!
    >>reset official website
    >>youtube



    fripSide: split tears
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE



    fripSide: nao complete anthology 2002-2009
    収録曲
    「escape -version2008-」
    作詞/作曲
    「Detour」
    作曲
    「Melody」
    作詞/作曲
    「a little christmas time」
    作詞/作曲

    >>fripSide OFFICIAL SITE


    mint4th.jpg
    Mintjam: 4th GIG #Decide

    収録曲「Scenario」
    作詞/作曲

    >>MintJam.NET
    >>JOYSOUNDカラオケ配信中!



    オムニバス: WE LOVE TM NETWORK
    1、BANG THE GONG
    3、1974
    5、Here,There&Everywhere
    8、Human System

    produce & arrange
    performed by portable

    >>WE LOVE TM NETWORK 特設MySpace




    オムニバス: TM NETWORK Tribute "CLUB COLOSSEUM"
    2、Children of the New Century
    7、Ignition,Sequence,Start
    10、Timemachine

    produce & arrange
    performed by portable

    >>特設MySpace




    木根本(きねぼん)

    TM NETWORK木根さんのオフィシャル楽譜集。全94曲。秘蔵エピソード多数(合計20000文字)。2010年9月15日発売 ¥2,625
    僕もちょっとだけお手伝いさせていただきました。

    収録曲「シナリオ」
    作詞/作曲
    >>「first Re:Place」/nao